当院について

当院についてABOUT OUR HOSPITAL

看護部長挨拶

私たちは「患者さんやご家族に寄り添う」を大切にしています。看護部長 野田洋子
大切にしていること

「市民の健康といのちを守ります」という宝塚市立病院の理念に、私は大変共感しています。なぜなら、ケアの本質を表現しているからです。

理念は、私たち看護職員が色々な場面で意思決定を迫られた時に、優先すべきは患者さんであること、それが最も価値のあること、行動の軸とすれば良いことを示しています。

もとより、看護師には「看護職の倫理綱領」「看護業務基準」というものが存在しますが、それらを礎として、私たちは、地域住民の皆さんの健康といのちを守ることを使命として、ニーズにあった看護を提供していけるよう日々精進していきたいと考えます。

看護部長 野田洋子
健康やいのちを守るために

開院当初は(もう30年以上前のことになりますが)、患者さんの健康やいのちを守ることは、退院をゴールにおいて看護していても概ね実現できました。しかし、平均在院日数が10日あまりとなった現在は、退院をゴールにしていれば、患者さんの退院後の生活の質を落としてしまいかねません。

私たちは、入院前から退院された後も患者さんは元の生活に戻れるのか、どのようにすれば生活を維持していけるのか、患者さんのご意思はどうなのかを視野に入れて、関わらせていただきます。それは、ともすると、「入院したばかりなのに…」と患者さんやご家族の心象を悪くしてしまうかもしれませんね。

私たちは、患者さん、あるいはご家族と目標を一致させることが重要だと考えています。そのためにも、相談・支援体制を強化できるよう組織をあげて仕組みを再構築中です。そして目標を実現するには、市内の医療・介護・福祉の関係機関との連携が欠かせません。

私たちは、患者さんやご家族の良きパートナーになりたいと考えています。そして、患者さんの健康といのちを守ることを院内外のメディカルスタッフと協働することで実現をめざします。

平成29年1月
看護部長 野田 洋子

看護部長 野田洋子