診療科の紹介

診療科の紹介SUBJECT of MEDICAL TREATMENT

形成外科

患者さんへ

当科では、身体の表面の問題に対し根治や機能回復だけでなく整容面に配慮し、患者さんとよく相談した上で、手術、レーザー治療や各種保存的治療など、個々の最善の結果を目指した治療を選択しています。

休診案内

※急な変更等により、お知らせが出来ない場合もございます。

休診医師 休診日 代診医師
見目 和崇 2018年4月13日(金) 代診なし
最上 裕之 2018年4月10日(火) 代診なし
中山 真紀 2018年4月11日(水) 代診なし
淺井 優子 2018年4月11日(水) 代診なし
交代医師 2018年4月12日(木) 代診なし

外来診療担当医表

各診療科の外来診療担当医表は下記PDFをご覧ください。

スタッフ紹介

職種 名前 役職や資格など
医師 見目 和崇 見目 和崇
形成外科部長
日本形成外科学会形成外科専門医、日本創傷外科学会専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医
医師 中山 真紀
主任医長
日本形成外科学会形成外科専門医、日本救急医学会救急科専門医
医師 最上 裕之
医師 淺井 優子
医師 桂 良輔
応援医師
日本形成外科学会専門医
看護師 黒木 亜希子 黒木 亜希子
看護師長
皮膚・排泄ケア認定看護師

対象疾患

外傷・やけど 皮膚軟部の新鮮外傷・熱傷、顔面骨折、切断指など
皮膚軟部腫瘍 良性皮膚・皮下腫瘍、母斑、血管腫、皮膚悪性腫瘍など
瘢痕(傷跡) ケロイド、肥厚性瘢痕、瘢痕拘縮など
再建外科 乳房再建などの悪性腫瘍切除後の再建、顔面神経麻痺の再建など
皮膚潰瘍 虚血や糖尿病性の潰瘍・壊疽、静脈うっ滞性潰瘍、褥瘡など
先天異常 耳介変形、臍ヘルニア、多指症、合指症など
その他 下肢静脈瘤、眼瞼下垂、腋臭症、陥入爪、巻き爪、蜂窩織炎など

外来診療(完全予約制)

初診

かかりつけ医からの紹介状を持参の上、当院までお越しください。病状が重篤な場合は入院治療も必要となります。

特殊外来
  • レーザー外来
  • フットケア外来

主な入院診療

顔面骨骨折、褥瘡・難治性潰瘍、眼瞼下垂症、下肢静脈瘤など。
外傷や腫瘍は必要に応じて入院加療を行います。

診療実績(2017年1月~12月)

主な手術実績
入院手術 316
外来手術 688
熱傷・凍傷・化学損傷 14
顔面軟部組織損傷 61
顔面骨骨折 30
上肢・下肢の外傷 82
その他の外傷 64
先天異常 23
良性腫瘍 298
悪性腫瘍 45
腫瘍切除後の再建 6
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 14
褥瘡・難治性潰瘍 65
眼瞼下垂症 59
下肢静脈瘤 15
その他 40
レーザー症例 188
(単位:件)